FLOOR GUIDE

フロアガイド

1F

天賞堂(テンショウドウ)

ショップロゴ 外観写真
CATEGORY レディス メンズ レディス&メンズ 生活雑貨 ジュエリー&アクセサリー 時計
TEL 092-721-8449
WEB http://core-tenshodo.com
BLOG http://ameblo.jp/core-tenshodo/
Instagram https://www.instagram.com/fukuokatenshodo/
SHOP CONCEPT

九州最大のHAMILTON(ハミルトン)コーナーを設置。他にもTISSOT(ティソ)、NOMOS Glashütte(ノモス グラスヒュッテ)、JUNGHANS(ユンハンス)、VICTORINOX(ビクトリノックス)、ORIENT STAR(オリエントスター)等の本当にお勧め出来るブランドをセレクトし、皆様のご来店をお待ちしております。

その他にもORIS(オリス)やEPOS(エポス)、Louis Erard(ルイエラール)、SEIKO PRESAGE(プレザージュ)、G-SHOCKなど、本格的&ファッション的なアイテムを幅広く扱っております。電池交換,修理等のメンテナンスも受け付けております。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
★ハミルトン九州最大のコーナーを持つ正規販売店
★日本時計輸入協会認定ウォッチコーディネーター在籍
★TISSOT(ティソ) ACAD西日本1位 認定販売員在籍
★H29下期優良店舗 総合3位表彰店(コア全店対象)
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


NEWS!>>>

◆◇NOMOS Glashütteのスペシャルフェア「時を奏でるノモスグラスヒュッテ展」が期間限定で開催!!
西日本唯一となるNOMOS Glashütte(ノモス グラスヒュッテ)の特別展示を、ORIS(オリス)のスペシャルフェアと同時開催。傑作タンジェントシリーズは、ほぼフルラインナップでご用意。九州最大級の展示数で皆様のご来店をお待ちしております。


◆◇スイス・ヘルシュタインの精鋭“ORIS(オリス)”のスペシャルフェアを開催!!
11月3日(土)から12月2日(日)の期間で。ブロンズケースに身を包んだ世界限定モデルの“ダイバーズ65 ブロンズクロノ”や、自社製キャリバー111を搭載したモデルをはじめ、新作ポインターデイトシリーズや、アクイス、アートリエ等を広く展開!!九州最大級の展示数で皆様のご来店をお待ちしております。


◆◇福岡天賞堂公式ブログ 月間閲覧数が30000PVを突破!
福岡天賞堂公式ブログのアクセス数が月間30000PV(1日平均1000PV)を突破!ご購読ありがとうございます!!
福岡天賞堂公式ブログはこちら→http://ameblo.jp/core-tenshodo/

SHOP NEWS

  • 2018.08.05
  • 3001/ノモス グラスヒュッテ タンジェント ネオマティック
  • ※このブログは当店公式ブログより抜粋して掲載しております。オリジナル記事はこちらから↓
    https://ameblo.jp/core-tenshodo/

    こんにちは!
    福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂です!

    今週もたくさんのご来店誠にありがとうございました!

    当店にてオーナー様になって頂いた皆様には、しっかりしたアフターサポートをお約束いたしております。何かございましたらお気軽にご連絡くださいませ(^^)/

    さて、今月始めに新たに当店メインブランドに決定した“NOMOS Glashütte(ノモス グラスヒュッテ)”。前回、前々回と2日連続のブログ記事でその魅力と歴史に迫ったわけですが、いよいよ本日は実機紹介にまいりたいと思います。

    本日ご紹介するモデルはこちら!

    NOMOS Glashütte/ノモス グラスヒュッテ
    Tangente Neomatik
    Ref.175 ¥395,000+TAX

    私自身もノモスのオーナーなのですが、これまでの歴史や現行モデルを見てきた中で、このモデルをみて思ったのは「1つの答えにたどり着いたんだな。」という事でした。もちろん終着点ではないでしょうが、“全てのパーツを自製できるメーカーにする”という現CEOの目標に、限りなく近づくモデルであることに疑いはありません。

    では、実機を見ていきましょう。・・・

    >>>続きは当店公式ブログからご覧いただけます!下記リンクをクリック!!↓


    https://ameblo.jp/core-tenshodo/


  • 2018.08.04
  • 【ドイツらしさを提唱するNOMOS Glashütteの歴史(後編)】
  • ※このブログは当店公式ブログより抜粋して掲載しております。オリジナル記事はこちらから↓
    https://ameblo.jp/core-tenshodo/

    こんにちは!
    福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂です!

    本当に毎日暑いですね…。負けずにしっかり営業していきたいと思います!!!

    さて、昨日掲載した【ドイツらしさを提唱するNOMOS Glashütteの歴史(前編)】に続きまして、本日は後編をお届けします!

    ノモス グラスヒュッテと言えば、“バウハウス”というワードがよくセットで語られます。バウハウスとは、1919年に建築家のW.グロピウスによって創設されたドイツの総合的造形学校のことで、「芸術と技術を統一した究極形が建築である」という理念を掲げていました。

    建築学校ながら、その教育課程で様々な分野の工芸を取り入れており、色彩に関する分野や木工や石工、金属加工、ガラス細工などのあらゆる実習を行っていたそうです。その後、ヒトラーが首相になった後の弾圧により1933年に閉校。14年という短い歴史の幕を閉じることとなりました。

    では1990年創業のノモスはなぜ「バウハウス的」だと言われるのでしょうか・・・


    >>>続きは当店公式ブログからご覧いただけます!下記リンクをクリック!!↓

    https://ameblo.jp/core-tenshodo/


  • 2018.08.03
  • 【ドイツらしさを提唱するNOMOS Glashütteの歴史(前編)】
  • ※このブログは当店公式ブログより抜粋して掲載しております。オリジナル記事はこちらから↓
    https://ameblo.jp/core-tenshodo/

    こんにちは!
    福岡天神の時計屋さん 福岡天賞堂です!

    当店では、今月よりNOMOS Glashütte(ノモス グラスヒュッテ)を正規販売店としてメインブランドに据えるということで…現在進行形でコーナー製作に奮闘中!出来るだけブランドの世界観が伝わるよう、試行錯誤しております。

    タンジェント、タンゴマットといった傑作や、オリオン、クラブを中心にセレクト。ネオマティックの展開も少しずつ増やしていきます!

    ということで本日は「グラスヒュッテの雄」とも言えるNOMOS Glashütte(ノモス グラスヒュッテ)について詳し-------くご説明しようと思います。!福岡天賞堂にご来店頂く皆様への説明も残したいので、全部はご説明できませんが出来るだけその魅力が伝わるよう頑張って書きます!

    というわけで本日は前編です!(後編は明日掲載します!!)

    さて、新作を含む最近のノモスですが、その価格設定から「ちょっと高いのでは?」と思ってらっしゃる方も多いと思います。それは既存のモデルもそうなのかもしれませんが、個人的にはまずその先入観を取っ払いたい。むしろ良心的過ぎる価格設定だと知って頂きたい。(私も先入観があった1人です…。)

    まず、ノモス社の製品について考える際に・・・

    >>>続きは当店公式ブログからご覧いただけます!下記リンクをクリック!!↓

    https://ameblo.jp/core-tenshodo/